診療内容

循環器疾患・一般内科

早期の循環器病の診断。基幹・連携病院と密接な連絡

心不全、狭心症、心筋梗塞、心筋症、弁膜症、大動脈疾患、下肢動脈硬化性疾患、静脈瘤、心臓外科的手術後などに対し循環器病の診断と治療を行います。より早期の診断が大切ですので、気になる症状などや所見などがございましたら、気兼ねなく相談ください。長期的に心臓や血管に負担をかけない適切な薬物治療や生活指導により、病状の管理に努めます。万一の急変時は救急病院、基幹病院と緊密に連絡をとり対応いたします。

高血圧・動脈硬化外来

高血圧・動脈硬化外来

通常、高血圧による自覚症状はありません。
しかし症状がないからと放置していると、実は大変なことになりえます。高血圧は「サイレント・キラー」と呼ばれ、歳とともに知らないうちに静かに忍び寄ってきてさまざまな病気の原因となるのです。

「人は血管とともに老いる」といいますが、その重要な指標となるのが血圧です。

極端に高い血圧になると、急激に血管や心臓に急激に負担がかかるために、脳出血、解離性大動脈瘤、急性の心不全などの突然死の原因になります。そして長期間に血圧が高い状態が持続すると動脈硬化が進展し、やがては心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、動脈瘤などを発症させるリスクが増大します。

動脈硬化が進みやすい血圧は「収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上」ですが、腎臓や頭などの小さな血管に負担を減らし将来の腎不全や認知症を予防するにはより低い方が望ましいと考えられます。血圧以外にも「高脂血症」「喫煙」「肥満」「糖尿病」「ストレス」なども動脈硬化の危険因子になり、これらの因子が複数あわさるとそのリスクはさらに増加します。そのため、危険因子をいくつも持っている場合や心電図での左室肥大やたんぱく尿などの臓器障害のある場合などでは、より早期からの降圧薬による治療を始める必要があります。

高血圧・動脈硬化外来では、血液検査・心電図検査・血管脈波検査・頸動脈エコー検査などにより、動脈硬化のリスクと進行の程度を把握し、その予防に努めます。また重症例に対しては、外来での造影CT検査などを連携病院にて行います。

一般内科・生活習慣病

一般内科・生活習慣病

糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症・痛風、動脈硬化、メタボリックシンドロームなどを中心とした生活習慣病。慢性腎臓病、脳血管性疾患、気管支喘息などの治療を行います。

健康診断・循環器ドック

健康診断・人間ドッグ

心電図、レントゲン、採血、エコー検査による循環器健診、大阪市特定健診、就職・入学前健診、企業健診など各種健康診断を行います。お仕事が忙しい方、1年以上健康診断を受けていない方、アルコールを飲む方、喫煙をする方、ストレスが多い方、自分の現在の健康状態を確認したい方など、まずはお気軽にご相談下さい。

漢方治療

漢方治療

動悸、息切れ、むくみなどの循環器の症状は自律神経の乱れ、水分バランス、免疫の低下などと密接に関係しますが、検査では異常を示さない場合が多いです。自律神経の乱れに伴う症状をよくしたい、疲れをとってほしい、弱っているところを改善して元気にしてほしい、こむら返り、しびれ、むくみなどなどの症状の改善には、漢方治療が有効です。西洋医学との相補的な治療をめざしています。

予防接種

予防接種

  • インフルエンザ
  • 成人用肺炎球菌

CLINIC INFO

診療時間

土曜日午後・日曜日・祝日

※火曜日、水曜日午前、木曜日午後、第3金曜日午後 は連携病院にて不整脈カテーテル治療

▲ 木曜日、第3金曜日の午前診療受付は12:00迄

なんばくろとびハートクリニック

〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波4丁目7-14
難波フロントビル10F

  • 地下鉄「なんば」駅徒歩3分

06-6634-7810

アクセスMAP

CLINIC INFO

診療時間

〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波4丁目7-14 難波フロントビル10F

主な診療内容

  • 循環器内科
  • 内科

クリニック所在地

〒542-0076
大阪府大阪市中央区
難波4丁目7-14
難波フロントビル10F

  • 地下鉄「なんば」駅徒歩3分

TEL.06-6634-7810

詳しくはこちら

  • 不整脈の診断と治療
  • 高血圧・動脈硬化外来
  • 男性更年期障害(LOH症候群)
このページの先頭へ